ゆなの脱毛はサロン・美容外科・家庭用脱毛器

ゆなです。

ゆなは19歳の頃に初めて脱モンサロンに通い始めました。

一番最初に行ったのはフォト脱毛で、わきの脱毛で13000円くらいで2年間。

それのおかげで脇はほぼ脱毛できて、
そのあとに、

肘下・膝下と Iラインの脱毛を確か美容外科で行いました。
もう覚えてないですが確か10万円くらい。

そのおかげで夏は気にせず過ごすことができていました。

ただ、数年経ったら少しだけわきの毛が出てきて(5本ずつくらい)

それくらいなら抜けばいいかって思ってたんですね。

でも、そのタイミングで、
VラインとIラインをもっと綺麗にしたいと思って、
もう一度脱毛に通おうかなって思ったんです。

サロンを探すと当時VIOの脱毛はセットで5-8万円くらい。

しかも、範囲がまちまちで、
粘膜までやってくれるとか人によってはやってくれないとか、

細かく範囲があったりで、
価格表とかみてめんどくさいなって思ってたんですよね。

それに
過去にiラインの脱毛をしてもらったのにまたお金払うのかーと思って悩んでいました。

そんな時に家庭用の脱毛器、家庭脱毛機トリアに出会いました。

7万円くらいで当時の私にとっては決して安い金額ではありませんでした。

しかし、脇も少し生えてきたのもあるし、
サロンに行ってもいつかチョロチョロと毛が出てきて

気にすることが出てくるなら、
買ってしまって自分で処理した方が満足いくんじゃないかなって思って、

悩みに悩んで、
トリアの脱毛器を購入しました。

効果があるのかわからないので不安でしたが、
返品も可能だったので分割で購入しました。

それがこの子。多分10年近いはず。

見ての通り、かなり使ったので、見た目もボロボロで笑

私がトリアを使ってやりたかったのは
もちろんVとIの部分。

初めて使った感想は・・・

まぢで痛い。

ハイパー痛い涙

トリアはレーザーなので、フォトに比べると痛いんです。

そして、VIの部分はただでさえ痛みを感じる部位なので、
とにかく痛くて、

無理!と思って

どうしようか悩んだんです。

そして、塗る麻酔という存在を知り、
Dr namという麻酔を購入しました。

それを塗って20分放置。

そして、いざレーザーで脱毛したら、
かなり意味が軽減されたんです。

それにプラスしてアイスノンを当てて、
感覚がなくなった時に
レーザーをしたら、

まぢでいたくない!!

感動しました。

あれだけ強烈な痛みが全然感じなくなくって、
すいすい脱毛が進み、
しっかり脱毛できるようにに何度も照射しました。

そして、1週間くらいすると、
毛がピンピン伸びてくるんですね。

で、ピンセットで軽くつまむと、
スッと抜けるんです。

スッと抜けるということはレーザーの効果があった証拠。

それを確認できて、

『あ、これ効果あるんだわ』とわかったわけです。

で、それから3週間に一度のペースで脱毛をして、
VIはかなり脱毛できて綺麗になりました。

 

そして、今現在になって、
今までやっていなかった肘上を綺麗にしたいと思うようになり、

トリアでやろうとしたのですが、
10年ものでかなり使い込んでいたこともあって、

 

若干壊れてきたようで、
すぐに電源が切れてしまうようになりました。

なので、新しく買おうと思ったら
今は家庭用脱毛器の種類がたくさん出ていてびっくり。

トリアは効果抜群なのですがレーザーなので、
照射範囲が狭くて時間がかかるんですよ。

なので、この機会に違う脱毛器を購入しよう思い、
今回、「ケノン」を買ってみました。

それがこちら。

早速使ってみたんですが、
まず驚いたのですが、

トリアと全然違うということ。

見た目の話ではなく、
照射した時の痛みの感じ方が、

トリアの場合は毛根の部分に痛みを感じていたので、
冷却して肌の奥まで感覚をなくさないと
痛みをなくすことができなかったんですが、

ケノン は表面の部分しか痛くないんです。

レーザーとフォトの違いだからだと思いますが、
ここまで違うことにびっくり。

だから、トリアに比べて、
痛みが少なくて、
麻酔があれば全然痛くないレベル。

すごいな。

で、肝心の効果は
ちゃんとスッと抜けた。

ということで
今後はケノンで残りの脱毛をやっていこうと思います。








ゆなのLINE@

ラインでは随時ブログの更新のお知らせなどしていきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です